2016年11月06日

「佐藤嵩記gallery」来週のオープンご案内!

皆さまこんにちは11月6日(日)です。

 今週は私の私設ギャラリー『佐藤嵩記gallery』がオープンしました。

ブログでの公開だけですが、毎日 来客がございまして誠に”ありがとうございます”
galleryオープン4日目の4日(金)は私の大学の同級生、篠原氏がお見えになりました。
また、5日(土)は外資系大手の製薬会社の日本法人で若いながらも実力でエリートの道を歩んでおられる
田中様ご夫妻がお見えになりました。

 前日の3日に山形県の湯殿山・月山に行ってきたとのことでした。
私自身が、月山や湯殿山、羽黒山の出羽三山に関して結構詳しいものですから、特に湯殿山の注蓮寺(クリック)(参照:山形県鶴岡市観光連盟)あさひむら観光協会湯殿さん注蓮寺紹介サイトクリック)そこに即身仏として安置してございます、鉄門海上人様に関してはテレビなどでも数多く放送されておりますので、ご存知の方も多いかと存じます。

 また、芥川賞作家の森敦関連記事(参照:森敦資料館)、森敦 月山の世界(参照:山形鶴翔同窓会64回(昭和32年卒)庄司 英樹氏参照)・小説・月山(参照:Wikipedia)に関しても色々とお話をさせていただきまして、田中さんご夫妻に大変、興味深く聞いていただきました。

 多分、月山・湯殿山にご縁を頂戴し内容を深く話すように決められていたのかもしれませんね。
でなければ、前日、田中氏ご夫妻が月山・湯殿山に行き。翌日に私の所に来てその話をする。ということは考えられないですね。良い時間を共有することが出来ました。

 田中氏ご夫妻には、湯殿山近くで買ってきてくださったわらび餅をお土産でいただきました。大変ありがとうございました。
2016年11月5日田中さんご夫妻1.JPG
奥様の笑顔がとっても良いですね。美しいです。
2016年11月5日田中さんご夫妻2.JPG
2016年11月5日田中さんご夫妻3.JPG
私も一緒に撮影していただきました。光栄です。ありがとうございました。

 その後、田中氏ご夫妻は、真っ赤の、トヨタ86(ハチロク)でマフラーのエンジンを重低音を響かせてかっこよく走り去って行きました。かっこよかった〜

どことなく、私の愛車、18年目で18万キロの年甲斐も無くピンク色のポンコツヴィッツがお気の毒になりました。
1469192784457.jpg

 その後は、石巻市から尾形様・倉持様・武田様と来客が続きました。尾形様、石巻のどら焼きを頂戴しましてありがとうございました。また、武田様 みかんを頂戴しましてありがとうございました。
皆さま、誠に

来週の『佐藤嵩記gallery』オープン予定は11月7・8・9と私用で忙しいので、『佐藤嵩記gallery』は10日(木)・11日(金)・12日(土)の3日間オープンいたします。

その後は、今までの個展などにいらしていただいた方へハガキにてご案内をいたします。


では皆様ありがとうございました。

『佐藤嵩記gallery』にいらしてくださいね。
posted by kouki at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個展・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

「佐藤嵩記gallery」3日目!

11月4日(金)です。おはようございます!

 今日も宮城県仙台市は朝から気持ちの良いお天気です。これだけでも気分が晴れますね。秋もどんどん深まって紅葉が美しく輝いております。紅葉の季節の次は、何と!早いことにクリスマスですね。

 このような時代にこの日本に生まれて本当に幸せと実感いたします。

 昨日の3日は初日の朝一番にいらしていただいた、柴田様がご夫妻で再びお越しくださりまして、ゆったりとした時間の流れの中で色々な話に花が咲き楽しい時間が過ぎて行きました。

 その後、私が勝手に呼ばせていただきますが、交通事故で身体中が骨折と内臓破裂でも助かって現在元気に復活したそれこそ”奇跡の人”でございます。

その柴田様の奥様も献身的なとってもチャーミングでとにかく目が真っ白な瞳の中に曇りのかけらも無い、純粋無垢な奥様です。

そんな”奇跡のご夫妻”がこの度、私の作品に一目で惚れ込んで頂きまして、早速ご購入していただきました。
ご夫妻の了解を頂いておりますので掲載させていただきますね。
2016年11月3日柴田様ご夫妻2.JPG
作品は『奇跡の存在』シリーズのひとつです。アクリル画、F10号の作品です。

バックには、マザー・テレサの伝記本の表紙・裏表紙に採用された作品『奇跡の存在〜祝福〜』がございます。

ここで一つ私の作品についてのアドバイスですが、私の作品を撮影する際には、普通は照明を明るくするのですが、今回の撮影もそうですが、時間は夕方の5時に近い時間で外はほぼ暗くなり、ギャラリーの中の照明を全部消して撮影しております。そうしますと不思議なことに、作品の中の光が本当に光ってっこの写真の様に綺麗に撮影が出来るのです。後ろの『奇跡の存在〜祝福〜』も一緒に光っておりますね。

 色彩が鮮やかになります。本当に不思議な事です。
さらに、奥様のお顔の前に、光の塊が写っておりますが、こちらは”祝福の天使”です。

 時間を少し前に戻しますと、私たちが話している最中に、一つの椅子が”ガタン!”と音がして、誰かが立ち上がって上に飛んで行きました。椅子のソファーの形は人間と同じように、座っていたお尻や足(ふともも)の形が残っておりました。今まで、神様がおられましたよ。とご夫妻にはお伝えいたしました。

 そのような雰囲気で、昨日の3日も無事に終了しまして、”奇跡の一日”となりました。

皆様もご興味・ご関心のある方は是非とも!一度おいでくださいね。

結構、信じられない様なことが色々経験出来ますよ。
柴田様ご夫妻には、この度、誠にありがとうございました。
今後も、色々と長いお付き合いになることと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ご覧下さっている皆様も、本日も良い一日をお過し願います。
ではまたね。
posted by kouki at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個展・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

「佐藤嵩記gallery」2日目!

11月3日(木)です。おはようございます!

 ここ私の住んでおります、宮城県仙台市は現在晴天でございます。おかげ様で昨日の2日も知人・友人がギャラリーに駆けつけてくださいました。

 本当に嬉しく思います。

午前中に一番にいらしたのは、私がまだ結婚前の若かりし20代の前半から盛んに通ってカラオケにいそしんでいた頃がありました。その、通い詰めた近所のスナックがございまして、「スナックバンビ」という有名なお店がございました。

 そのスナックのマスターとママがおられた訳ですが、そのママと10月の31日に近所出会いましてお声をかけさせていただき今回のギャラリーオープンのご案内をしたところ、丁度!懐かしくなってマスターと私の事を思い出して話していたところだった。ということでした。

 まさに!”以心伝心”とはこのようなことを言うのでしょうね。
2016年11月2日佐藤嵩記ギャラリーバンビママ・マスター2.JPG
本当に若い表情のママです。ピッカピカですね。マスターも全く変わりません。人に喜ばれることを沢山行って来た方はこのように、にこやかで穏やかな光輝く表情になるのですね。 お土産も頂きまして誠にありがとうございました。また、いらしてくださいね。

 その後、いつも大変お世話になっております篠原翠蓮先生がお見えになりました。薬師如来の色の紫色を基調とした素敵なお召し物がとってもお似合いです。中々、着こなせる方はにじみ出る雰囲気も必要ですので中々いらっしゃいませんが、篠原翠蓮先生はピッタリです。

 書家としては勿論!マヤ暦・統計学を使ったアドバイスが達人の域です。それだけでも凄いのですがもっとさらに凄いことが出来るお方なのですよ。
2016年11月2日佐藤嵩記ギャラリー2.JPG
篠原先生の後に「うちカフェお多福」の”さきがけ福子”さんも来ましたよ!光っております。

 ここでは書ききれませんので機会がございましたら、私にお問合せくださいね。ギャラリーに来れる方は是非ともいらしてくださいね。
2016年11月2日佐藤嵩記ギャラリー3.JPG
 
 色々と楽しくお話しておりますと、今度は”福ちゃん”が素晴らしいお祝いを持っていらしてくださいました。大変ありがとうございました!”
2016年11月2日佐藤嵩記ギャラリー5.JPG
このように皆様が光り輝いております。

 皆様も一度、「佐藤嵩記gallery」へお越しくださいね。

お待ちしております。本日も良き一日をお過し願います。
posted by kouki at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個展・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする