2017年06月10日

”重要な企画”を頂戴いたしました。

おはようございます!6月10日(土)です。

 昨日は私の『佐藤嵩記gallery』に東京から大事なお客様がお見えになりました。日本政府関連の方です。色々なお話をいたしましたが、とっても光栄なお話も沢山頂戴いたしました。

 色々な会社から沢山のオファーを頂戴いたしますが、今回のお話しは国を挙げてのお話しですので本当に大事な貴重な企画です。簡単にだけ申しますと、世界中の芸術の中心地の中のさらに代表的な超!一流のある所にて「Japan Moment」つまり日本文化発信事業の公式プログラムとして「個展」が実施されることになりました。個人の個展を政府が後押ししてくださるということはとてつもない凄い!事だそうです。感謝申し上げます。(先方の国の方々・キュレーターはすでに了承済で私の情報も全てご存知だそうです。)

 後援が政府の機関ですので大変に重要・貴重で光栄な企画でございます。

 来年の2018年、再来年の2019年と続きます。

また、来年度、イギリスで1885年ヴィクトリア女王が設立して現在はエリザベス女王の管轄での『英国王立芸術家協会』の会員に認定されることが決まりました。熱烈にオファーを頂戴し会員になることにいたしました。モネや多くの著名な芸術家の方々と肩を並べる事になりました。日本では迎賓館で式典が開催される様です。

 無償の愛の精神で僅かながら寄付や寄贈などで今後も密かにお役に立てるようにコツコツ行きたいと思います。

 昨日、ふとドストエフスキーのことを思い出しました。
代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。レフ・トルストイ、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪ですね。

 ちなみにツルゲーネフは大好きで特に「父と子」が私は大変感銘を受けました。私がまだ18歳の頃に読みました。かなり昔の事ですね。パソコンも携帯も無かったので、岩波文庫をポケットに入れて暇さえあれば読み漁っておりました。

実存主義の先駆者と評されることもありまして。私が大学の卒論で書いたサルトル(ジャン・ポール・サルトル)の実存主義の先駆者とも言われますので大変な思想家でもあり哲学者でもありますね。(凄いね

 そのドストエフスキーの言葉で大好きな心に今もとどめている言葉がございます。
人生で一番大事なことは、失敗したらじっと歯をくいしばって我慢し、成功してもすぐ有頂天にならないことだ。』光の言葉ですね。

ソクラテスは『幼にして謙遜なれ、弱にして温和なれ、壮にして公正なれ、老いては慎重なれ。』

 


ついでに、私の尊敬するホイットマンはこのような言葉を残しております。『寒さに震えた者ほど太陽を暖かく感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。』

ヘレン・ケラーは皆さんも良くご存知かと思います。とにかく壮絶でありながら人々にこれだけ感動を与えた方はそうはいないのではないでしょうか、、。金言がございます。『希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ、何事も成就するものではない。』

皆様、今日も与えられた命に感謝してお過し願います。

あなたもきっと誰かの役に立っていて励みになっている筈です。犬や猫や多くのペットも多くの人々の癒しになっておりますからね。これこそ『無償の愛』の鏡でしょう。

お読みくださりまして誠にありがとうございました。
posted by kouki at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個展・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

『佐藤嵩記gallery』期間限定公開のお知らせ。

4月に入りまして今日は7日です。早いですね。桜の季節がようやく訪れましたね。

 私もとにかく公私共々忙しいので時間が中々ございませんでした。4月なので、親族がお世話になっている施設の契約書のやり取り等もあったりとそれだけでも結構な仕事なのですが来客の対応や身内の用事で大変な状況でした。

 そこで、色々な方々より要望もございまして期間限定で一般公開いたします。

この機会に是非!ご覧いただきたく存じます。以下はご案内でございます。
2017年4月6日 SomeThing Great α.JPG
「Something Great α」2017 4月 Acrylic paint F10 Canvas (コピー厳禁です。ご注意くださいね。


2016年11月1日、私設ギャラリー『佐藤嵩記ギャラリー』をオープンいたしました。

 佐藤嵩記のアート作品を展示し、白を基調としたギャラリーの中でゆったりとご鑑賞いただける小さいながらも美術館のような雰囲気が生まれました。

​ この度、文化庁経済産業省/外務省/総務省/国土交通省観光庁/独立行政法人国際交流基金/一般財団法人自治体国際化協会/日本政府観光局 ほかで設立された一般社団法人がございまして、5月に開催されるアジアでは最大の『アジアのアートハブ都市 香港へ:Affordable Art Fair Hong Kong 2017 【5/19-21開催】』海外で日本の芸術を伝える代表として出展することになりました。

また、6月にはNY(ニューヨーク)、10月にはParis(パリ)にてレオナルド・ダヴィンチ没後500年記念行事でレオナルド・ダヴィンチが生涯過ごしたパリ南西部のクロ・リュセ城にてダヴィンチ最高傑作のモナリザと共に展示会が開催され同じ会場に私の作品が二作品展示されます。

 また11月にはインドにてガンジーによりインド独立記念70年の記念の行事がありまして、マザー・テレサの記念の行事もございまして受賞が決まりました。

他にも色々ございますが、このような事もございまして『佐藤嵩記』の作品を見たことが無い方やご興味・ご関心のある方にご覧いただきたく存じます。

 なお、当ギャラリーは宮城県仙台市太白区の閑静な住宅街にあるために、周辺の環境への配慮から完全予約制での公開とさせていただきます。

 多くのお客様のご来訪を心よりお待ち申し上げます。

 入場料:無料

 お問合せはメールにてお受けいたします。takanori.s@ab.auone-net.jp

【注意事項】
※駐車場は3〜4台駐車可能ですが、極力 公共交通機関をご利用ください。
※ギャラリー内の写真撮影は本人の許可なく禁止です。

 超次元アートをご覧頂きたく皆様にぜひ一度お運びいただきたくお知らせを申し上げます。

”ありがとうございます” 佐藤嵩記

ホームページhttp://super-miracle.wixsite.com/messiah
posted by kouki at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個展・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

東京の展示会に来ておりますp(^-^)q

おはようございます現在、東京のスカイツリーが見えるホテルにおります。素晴らしい天気(*´・ω・`)b。雲ひとつない青空です。昨日も最高に真っ青な青空が広がっておりました。

昨日は新幹線🚄にて東京に来まして、その後、東京都港区台場にございます、高級ホテル🏨グランドニッコー東京台場に行きました。りんかい線だと東京テレポート駅下車で徒歩約12分程ですが、結構疲れましたしかし青空が広がって⤴⤴とても気持ちが良く思わず写真をΣp[【◎】]ω・´)を👀📷✨撮影いたしました。
グランドニッコー東京台場が見えました。⤴⤴凄い大きいですね❗

DSC_2469.JPGDSC_2470.JPG
素晴らしい天気と青空ですね。
DSC_2471.JPGDSC_2472.JPGDSC_2473.JPGDSC_2474.JPG
三階のギャラリーはとっても素敵でした❗私の作品は写真と思う方々が多く絵画ですよ。というと、大変驚く😍⤴⤴方が多くしみじみとご覧になって行くそうです。担当の朱さんが言っておりました。

DSC_2475.JPGDSC_2479.JPGDSC_2481.JPG

DSC_2483.JPG

如何でしょうか。とっても素敵なgalleryでした。2月20日まで開催しておりますので、ご興ご関心のある方は是非ともご覧になっていただきたいと存じます


その後は、またまた展示会がございまして、北千住駅迄行きました。
DSC_2499.JPGDSC_2500.JPGDSC_2501.JPGDSC_2485.JPG
会場はマルイ11階です。『シアター1010』千住ミルディス1番館11階です。(東京都足立区千住3-92)17日の今日の14:30迄開催しておりますのでお近くの方や関心のある方は是非ともご覧になってくださいね。
その後は夜になりまして、同じホテルに宿泊しております、篠原先生とお会いいたしまして近くで食事をしまして無事にスカイツリーの見えるホテルに宿泊しております部屋が18階なので、真正面にスカイツリーが見える素晴らしい眺めです。DSC_2504.JPG
DSC_2506.JPGDSC_2510.JPGIMG_6235.pngDSC_2507.JPG素晴らしいホテルに宿泊出来るのも、篠原先生に予約していただいたおかげでございます❗この度は誠にお世話になりました。大変ありがとうございました本日は篠原先生と御弟子様が入選したので、上野の東京都美術館に参ります。今日も皆様良い一日をお過ごしくださいね。最後までお読みくださりまして誠にありがとうございました
posted by kouki at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個展・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする