2021年04月01日

4月です。イベント延期のお知らせです。


今日から4月。桜の開花宣言がありました。今年はどこも早い様です。

先月はあまりにも忙しくブログ記事も中々書けませんでした。

せめて4月は書こうと思います。

 前回お知らせしたイベントが仙台市の緊急事態宣言で延期になりました。

以下お知らせいたします。私も作品を出展しております。是非開催できることを祈念いたします。

「紡ぐ者たち ー未来につなぐ創造のエールー」

開催概要

会期:2021年5月28日(金)〜6月1日(火)

時間:11:00〜19:00(初日は13:00から)

会場:せんだいメディアテーク5F「ギャラリー3300」(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)

公式サイト:https://qualiart.co.jp/event/tsumugu2021/

入場無料

※2021年3月25日、宮城県・仙台市の新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた緊急事態宣言の措置に伴い、会場「せんだいメディアテーク」の一時閉館が決定しましたので、当初の予定から会期を変更しております。開催直前のお知らせとなりご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

東北地方を中心に、未曾有の被害を引き起こした東日本大震災から10年が経ちました。多くの失われた命、そして未だ故郷に帰れない被災者。それぞれが前を向いて進み、後世の人々が安心して暮らすために私たちは何をするべきか。また人類は地球や自然とどのように共存すべきなのか。難題を突きつけられた出来事でした。
震災発生直後より弊社でも、人々の物心両面に届くような復興支援を実施してきましたが、生活の窮地に文化芸術がどれほどの支えとなるのか、その明確な答えはまだ出ていません。
しかし、私たちは見えない大きな力で、人々の心を揺り動かすアートの可能性を信じています。

震災から10年の節目を迎えた今、人々に感動や共感、生きる活力を与え得る「アートの力」を改めて証明するため、美術展覧会『紡ぐ者たち −未来につなぐ創造のエール−』を開催いたします。
絵画、書画、写真などさまざまな表現で思いを紡ぐ約150名のアーティストたち、そして希望を担った東北の子供たち約50名による作品とメッセージを展示し、未来へ向かう気持ちを後押しするとともに、明るい時代の創造を目指します。なお展示作品は後日、美術作品集にまとめて発刊いたします。

展覧会場ではマスク着用の義務づけ、会場入口での手指消毒と検温を実施いたします。新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮し、最善の注意を払って開場いたしますので、足を運んでいただけましたら幸いです。

posted by kouki at 12:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。