2018年02月28日

2月も”ありがとう!”!早いですね(´▽`)

も今日で終わりですね。全く時間の過ぎるのは早いですね。桜の季節ももう直ぐですね。楽しみです

 今月も多くの皆様にいらしていただきました。
誠に”ありがとうございました!””

 2018年2月3日沼澤慎一家.JPG
平和に暮らしているボンボンの沼澤家と左端”マダム諭磨(ゆま)氏”です。

2018年2月18日中川氏ご一行2.JPG
2月18日には友人の中川氏と友人の皆様です。皆様はそれぞれ大活躍の方々でございます。

 また、本人の許可をいただいておりますので掲載いたします。
2018年2月21日猪股さん.JPG
I様には”無償の愛”をご購入していただきました。
この度は誠に

 このように毎日がどんどん進んで行くのです。

 そこで、皆さまは突然ですが!お聞きします。
相対性理論”って聞いた事ありますよね。
そうです!アインシュタインの相対性理論の事です。

はっきりとわかりやすく解説するのは至難の業です。
子どものころから秀才でさらに理系の国立大、東大の理系とかまたは慶応・早稲田の理系で専門に学んだ方ならともかく普通は何のことやら!?というレベルですね。

そこで簡単に、

「相対性理論」つまり、アインシュタインの式と言われるE=mc2。という数式があります。



「人の時間は平等ではない」

 これは何だろう?ぽか〜んとしますね。

しかし、誰でも経験があることですが、私たちは感覚としてこの時間の速さを体感するときがあります。

お互いの恋人が出来て、彼氏・彼女と過ごす時間はいつまでも続いてほしいと思うにも関わらず、

非常にあっという間に時間が過ぎて行ってしまいますよね?

逆に面白くない話や講義・テレビ・映画などつまらないと思って観ている時は、

非常に!大変時間が長く感じますよね。

こうした「感覚」の中で時間の経過の変化を感じることはありますが、

実は感覚だけではなく実際に時間のずれが起こる場合があるのです。


「速いスピードで動くものの方が時間はゆっくり流れる」ということです。

まず、同じ時計を2つ用意します。

その片方を地上に設置し、もう片方を飛行機に設置します。

飛行機は時計を乗せて地球を1周します。

するとどうでしょう。

若干飛行機に載せていた時計の方が遅くなるのです。

「相対性理論」は聞いたことがあるけど、こういうことか?と思ってもらうとありがたいですね。


では実際にどんな事の役に立っているのでしょうか?

当時は画期的すぎて科学者でさえついて行けなかった理論だそうですよ。

では現代の何の役に立っているのか・・・?

それが、立っているんです

ほぼ毎日われわれが使用しているものを

アインシュタインは可能にしています。

カーナビで使われる、GPSです。

(GPSって物凄い速さで回っているのですよ。
「第一宇宙速度」という名称がありまして、高度 0mで地球を周回する場合の速度だそうです。

ISS(国際宇宙ステーション)は高度 400kmですが、速度は7.7km/sということです。

高度が高くなると速度は遅くなります。

普通の放送衛星(BS衛星や CS衛星)や 気象衛星は「静止衛星」ですが、高度は約 36,000kmで 速度は 約3キロメートル/秒です。秒速ですよ!

GPSというのは宇宙に存在する衛星によって実現しているのですね。

衛星のスピードは凄く!速いんです。

つまり衛星のスピードが速いということは、時間が遅れていくのです。

この遅れは我々がナビを開いて目的地へ向かう際に

実際に何秒もずれが生じてしまうのだそうです。

ナビにおいて、実際にいる現在地とナビが示す現在日遅れが生じた場合、

それはナビとしては致命傷ですよね。 ここで登場するのが相対性理論なんですね。

その時間のずれを修正してくれているのです。

皆様も歩いている時にボールを手で持って上に上げて落ちてきた時に何歩歩くか?多分一歩か二歩くらいですね。でも、電車に乗って電車が走っている時にボールを上に上げて落ちて来ても、あなたは席に座っておりますね。しかし電車は走っております。ではボールはどれほどのスピードがでていたのでしょうか?あなたからはボールは進んではおりませんが実際には凄いスピードで進んでいるのです。

 さらに地球も自転しておりますよね。

地球の速度は、地球を卓球のボールだとしまして、まん中のつなぎ目のところが赤道です。ここの長さは約4万kmあります。
 地球は1日に1回転して、1日で元のところにもどってきますから、24時間で4万km動いたことになります。

 これを時速に直すと、 時速約1700kmになります。 つまり、赤道の上の地点は、いつも時速1700kmで動いているというわけです。

新幹線の最高速度はだいたい時速280kmですから、地球はその6倍以上のスピードでまわっていることになるのですね。

つまり、電車の中で上に上げたボールは実はとんでもないスピードということになります。

グローバル・ポジショニング・システム(全地球測位システム)(Wikipedia参照)。勉強になりますよ。

宇宙の情報まとめサイトCosmo Libraryも凄く!参考になります。

今日はなぜ?こんなことを書いたかと言いますと意味があるのですね〜。次回は量子力学のことを少し書きたいと思います。量子と言いますと、そうです!湯川秀樹博士ですね。(Wikipedia参照)

私は現在還暦ですが、もう何年も前から相対性理論や量子力学の本を読んでおります。中学・高校・大学と文系一筋で来ましたが、今思うと、数学・理科・科学が苦手でしたが本当は好きなんじゃないか?と思う時があるのですよね。何だか理由は分かりませんが、、、。数学・科学という単語ですぐに逃げておりましたが、それは点数のみで評価される教育の流れの中で埋もれてしまったのでしょう。教育も計算したり読んだりしなくとも、数式や文法を分子より小さな量子にして頭の脳にほんの数秒で送ることが出来たらいつ間にか英語やフランス語が勝手に口から出て来て数学も微積分学も化学も何でも回答できるようになるかも、、、。

これって実際にあるかもしれませんよ、、、。もしかすると、凄い!ことを思いついたかもしれないですね。

では皆様長々と最後までお読みくださりまして
今日も”無償の愛”で参りましょうね。
posted by kouki at 12:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

英国王立美術家協会RBAより名誉会員認定授与されました!

2月17日(土)です。皆様こんにちは 仙台市は凄いお天気ですね。快晴です今晩もお月様が美しいでしょうね。

 私は、昨日の2月16日ははやぶさで東京に行きました。

 東京の綱町三井倶楽部(クリック!)という超!!有名な所に行って参りました。

三井グループの迎賓館として歴史と風格のある建物でございます。
1913年(大正2年)に建築された「綱町三井倶楽部」は鹿鳴館を手掛けたイギリス人建築家ジョサイア・コンドルによる設計です。明治・大正建築史のみならず西洋建築史に名を残す傑作に挙げられ、財閥三井家の迎賓館として100年以上にわたって利用されております。

あまりに素晴らしいので庭を散歩してみてください。というお声がけをいただき早速散歩いたしました。
DSC_5231.JPG
先ずは玄関入り口です。
DSC_5232.JPG
外観です。
DSC_5235.JPG
入口がありますが、入っても良いのか?迷いました。

中にフロントがあり荷物を預けて早速庭の散歩です。
DSC_5236.JPG
中庭から見た外観です。
DSC_5238.JPG
凄い広い庭が続いておりました。
DSC_5239.JPG
DSC_5247.JPG
川や池もございます。
DSC_5249.JPG
DSC_5251.JPG
DSC_5253.JPG
DSC_5254.JPG

素晴らしい経験をさせていただきました。


 今回は「綱町三井倶楽部」にて『英国王立芸術家協会』(RBA)の認定式と『MINERVA2018』(英国王立美術家協会RBA認定の英国・日本の代表作家の作品を収めた秀作集』の発売記念レセプションパーティーがございました。
DSC_5256.JPG
DSC_5258.JPG
DSC_5263.JPG
英国王立美術家協会RBA副会長ミック・デイビス氏です。

英国王立美術家協会RBA副会長ミック・デイビス氏より名誉会員認定授与されました。 この度、RBAの称号をいただきまして誠に感謝いたします。王立画家としての称号をいただきました。
DSC_5269.JPG
DSC_5270.JPG
DSC_5271.JPG


この度、RBAの称号をいただき感謝いたします。
130年以上の由緒ある王立美術家協会です。
とても審査も厳しく、一度会員になっても一年更新なので会員でいるには大変な狭き門です。

過去の会員にはヘンリームーア・クロードモネも会員です。

 更に、7月25日〜28日イギリス王室のロイヤルを与えられた由緒あるMALL GALLERIES(マル・ギャラリーズ)に作品を展示されることになりました。大変な名誉でございます。
 
 誠に

 MALL GALLERIES(マル・ギャラリーズ)はバッキンガム宮殿から続くMALLの大通り、『マル・ストリート』沿いにあります。英国パレードでも大変有名な通りに面しています。

まさしくロイヤル・ギャラリーです。

ロイヤル・ギャラリーであります、MALL GALLERIES(マル・ギャラリーズ)に展示されることは大変な名誉です。

今後も清廉潔白でより一層精進して参ります。

”応援よろしくお願いいたします。”

以下はRBA英国王立美術家協会の詳細です。参考にしてくださいね。


RBA
英国王立美術家協会
1823年に設立され、
1887年に王立の新しい芸術団体として認定
ヴィクトリア女王によって認められました。

当時会長を務めたのは
ジェームズ・マクニール・ホイッスラーでした
かつての会員には
ヘンリー・ムーアを代表とする
著名な芸術家が所属し、
名誉会員にはクロードモネやアルフレッド・スティーブンズがいます。

現在、イギリスで活躍する芸術家を支援する団体であり
マルギャラリーズを拠点として展覧会を開催


イギリスの首都ロンドンで
英国王立美術家協会名誉会員による展示

東京、ニューヨークとともに世界三大都市にも挙げられるロンドン。
英国王室が育んできた深い歴史と、刺激溢れる都会的な街が同居する世界有数の大都市。
 
日本と英国との関係は古く、今から約400年前、
日本に漂着したイングランド人、ウィリアム・アダムスが徳川家康と交流。
三浦按針と名乗ることを許され、外交顧問として活躍したことが知られています。
 
また、イギリスは明治日本の近代化と発展に最も大きな影響を与えた国であり、
多くの芸術家や文化人が往来して友好を温めてきました。


英国王室と日本の皇室の繋がりも深く、
2012年のエリザベス女王在位60周年での祝賀昼餐会において、
今上陛下のお席はエリザベス女王の左隣に。
女王の右隣はスウェーデン国王で、その横に皇后陛下がお座りになられるなど、
その親しいご関係が伺えます。
 
2016年にエリザベス女王が90歳の誕生日を迎え、
在位年数、年齢ともに英国王室史で歴代最高記録を更新しました。

その女王が司るイギリスの首都ロンドンにあって、
式典などで主要な道路となる
マル通りに面したマル・ギャラリーズが会場となりました。

重厚な外観にモダンな内観を持ち、
室内は天井が高く広々した空間が特徴の展示室

英国王立美術家協会(RBA)からは、
会長と副会長をはじめ、主要メンバーの面々がお越し下さり、
連日多くの来場者をお迎えします。
 
オープニング・セレモニーでは、
ご来賓から様々なメッセージがご出展作家に送られ、
返礼として本展記念画集がRBA会長のジェームズ・ホートン氏に贈呈されます。
 
出展作家は功績を称えられて
英国王立美術家協会名誉会員に任ぜられました。
本展は両国の文化的交流の発展に貢献します。

 誠に

posted by kouki at 13:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

大雪が早く収まっていただきたいです!

おはようございます!私の住む宮城県仙台市は本日も真っ青な青空の星と月が素晴らしいコントラストで美しい朝を迎えております

 今朝の4時半ころは本当に美しい☆星空でした。深夜電力を使用して洗濯をしながら、コードレスの掃除機で掃除してトイレのゴム手袋して掃除をすると大体この時間ですね。(ちなみに家族はきちんとおりますよ。私は昔から朝早い4時起きなので勝手にやってます。

 ところで、天気予報を見ていると、何と!北陸の大雪が大変でどんどん降っているんですね本当に大変です。何とか、降りやんで欲しいので、微力ながら、神様、特に観音様(33観音様)と龍神様(金色の龍神様、黒龍神様にはお願いしていないです。究極の時にお願いいたします。)にお願いいたしました。何とか、聞いていただいて大雪を降らす前線をどけて(移動)していただきたいです。早く収まって欲しいですね。1時間くらいで弱まって欲しいです。

 今日から確定申告の準備を始めます。昨日は額を購入しに行ってきました。製造直販の所です。宅配便のヤマト運輸さんが宅配料金の値上げにより、今まで1,080円で済んでいた配送送料金が4〜5倍、つまり4,000円〜5,000円台になったそうです。お客様のご負担になるのでキャンセルが相次いでいるそうです。大変ですね。

 しかし、どこを探しても結局どこで購入しようと同じ料金がかかるので仕方ないことと理解して対処しないといけませんね。かかるものはかかる。という事でしょうね。

私の携帯電話には色々な電話が来ます。アート関係のプロモーションの会社の方も沢山電話をくださいます。多い時は一日に3件前後ですね。もっと来る時もありますが。しかしよく考えてみると電話というのは昔から言われておりますが、相手の事を考えずにリストを見て仕事ですから一方的に掛けて来るわけです。お客様と話し中だったり何か作業中だったりというのが多いと思うのですが、そんな時に電話があって電話に出ますと一方的に断りも無しに用件を述べられると大変返答に困りますよね。逆説的に言えば私自身も多分に同じことを行っていることになりますが、、、。いちおう”今、大丈夫でしょうか?”とお伺いは立てますけどね。

 しかしながら、私に電話をくださるプロモーション会社の方々で一部ですが、いちおうお伺いは立てますので"少しならいいですよ"。等と申したら最後で、これはもう、、、30分〜1時間は当たり前なので、本当に時間を勝手に割り込みされて一方的な話を聞かされてしまいには電話で契約・申し込み、なんて事になるわけです。⇔経験のあるアーティストの心当たりのある方々も多いと思います。よく吟味して接してくださいね。

 もし、そういった会社の方はメールにしたら宜しいと思うのですがね。私のブログの右上にメールアドレス掲載しております。(しかし、私から問い合わせした場合を除いてメールを寄こした会社は海外を除いて皆無なんですね〜。)

 まあ、日常のお話しでした。とにかく北陸地方含め大雪が早く収まって青空がでますようにお祈り申し上げます。

 本日も皆さまごきげんよう

posted by kouki at 07:16 | Comment(0) | 災害・危機・予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする